RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

錆付いたキャラをどうにかせねば

ども、タチコマ(10機目)です。

どうにもこうにも、臨時広場で看板を出しても、90台の臨時の多くは生体3へと流れていく現状。

知人にWisするも、完全にタイミングが悪く、すれ違う。
そんなわけで、騎士を動かすのを諦めて長く動かしていなかった支援を引っ張り出すことに。



トリオ募集で、GX氏、リンカ氏が看板を叩き、監獄へと。

監獄1で様子を見て見ると、混雑+温い沸きで張り合いが無いとの満場一致で監獄2へ。

当方は、完全になまり切った上に直前にbmのSCを変更したこともあり、監獄2に入って早々テンパル。

GX氏だから当然ヒール10を習得しているはずなのにヒールを投げたり、リビオ、フェンダークへのエストン後のLAを撃てなかったり、タイミングを大きく外したりとの外れよう。

GX氏は、自身のGXの範囲攻撃とエスマの単体攻撃を上手く絡めて敵を潰す様に動く。リンカ氏も、初手を敢えて入れずにGX後にエストン→エスマとのテンポの良いスタイルを。

思えば、あのPTで結構な量を裁いたのだが、死亡が俺2回、リンカ氏1回で済んだのが奇跡だった気がする。

そんな感じで、始終テンパっていた為、考察もくそも無いわけで。
支援も定期的に動かさないとなぁと感じた臨時であった。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
コメント返し
-----------------------------------------------------------------------------------------------
アンケートにお答え頂いた方は、ありがとうございました。
重要な情報となりましたので、ご報告をと、謝辞を。

非公開でコメが来ていたが、今回はコメ返は無しということで。
[PR]
by stand9alone | 2007-12-16 15:33 | RO用の情報庫