RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

騎士団2落城への足掛かり

ども、タチコマ(10機目)です。

演習のコーディングが終わらない

演習のレポートに手が出ない

行き詰まり、息抜きに手を出す

うはwwwwwwオモシロスwwwwwwww

うは、もう寝る時間じゃん

やべぇ、演習ちっとも終わらねぇ←今ここ

な一週間を過ごしている。



さて、ベインスパッチで変更のあった騎士団2に通い詰めているのが最近のROでの日課に。

その回数をこなしていく中で、「どうやったら、騎士団2で以前までのようなテンポの良い狩りを成して行けるのか」という問題に対する一つの解を見出しつつあるので、それを書こうかと思う。

結論を有り体に言えば、「TU若しくは、MEを取得している支援とのペア」でなら可能であると言う事。

こちら側(AGI騎士側)からのアプローチは、スキルの多用化、対複数(SWやSancが不要であり、崩れることが想定不能である数)を基本としBBを積極的に撃つスタイルへの移行くらいしか無い。これは前回のentryで記述したように、ステをそれ用に設計している若しくは、SP快復材の多用でもしない限り厳しい。
従って、以前の様なテンポの良い狩りを成すには、「支援」にもそれなりの殲滅補助をしてもらう必要がある。

-----------------------------此処からチラシの裏-------------------------------
しかし、「それなりの殲滅補助」≠「共闘」と言う事を何故理解しない支援が此処まで溢れたんだ?
俺「殲滅補助をしてくれると助かります」→支援:今までの共闘と変わりが無い
ってのが最近多いのだが。
今まで、猿真似でしか「共闘」をやっていたからか?
@最悪、自身のSkillのディレイくらい理解、体感しておけ。今まで、常にブラキの上にでも乗ってたんか?
もっと頭を使って生き延びようとしろ。AGI騎士ではフォロー仕切れん部分がただでさえ多いのに。
-----------------------------此処までチラシの裏-------------------------------

言うまでも無く、TU、MEは対不死属性に対して相当の効果を上げる。Skill自身の対象だけでなく、TUは対象の残HPに反比例して成功する確率が上がり、MEはスキル展開後にLAを落として一気に潰しにかかる事、対悪魔にも効果を上げる等のメリットがある。

しかし、当然の如くデメリットが多分に存在する。
まずは、TU。何と言っても、その射程距離の短さと、詠唱後のディレイ3000msが最大のデメリットである。射程距離が短いため、Mobに近づく必要性がある。また、詠唱後のディレイは、一般的に短縮する事が不可能でありSkillの使用は不能。カリッツの様な高AtkMobに対しては、至近距離で使用するため、ディレイ中にタコ殴り→Pri瀕死といった状況が生まれ得る。

そして、ME。これが一番厄介なのは、「支援」としてのSkillでは無いと言うこと。つまり、臨時などで見かける支援氏で所有している率が著しく低いと言うわけだ。
また、その使用タイミングの見極めも難しいものがある。SGの様にある程度の詠唱があるSkill故に、対単体で気軽に使用できない。となると、複数集める方向に行くが、相手はカリッツ。移動速度が半端無く遅い。カリッツにIAを掛けると言う手もあるが、それでも引っ張るには厳しい。レイドアチャを巻き込む様にしたとしてもCAでの位置ズレ、カリッツのスタン攻撃成功時のME判定の消失も問題だ。

しかし、上記2Skillを使いこなせる支援を連れてのペアならば、十二分にテンポの良い狩りが成立するであろう。それ位、デメリットを埋めてあまりあるメリットを潜在的に持つSkillなのだ。

さて、ここで何故「ヒール砲」を持ち出さなかったか。理由は至って単純。固体数が増えている為、殲滅補助的な「ヒール砲」では支援側のSPの減りが増加し、SPに不安が生じる為だ。おまけに、極極少数が、極少数若しくは少数になったのなら、いざ知らずそこそこ居た物がほぼ倍になったわけだ。当然、エンカウント率、数共にほぼ倍になる。すると、SPの問題が出てくるわけである。

だらだらと書き連ねてみたが、おおよその戦略は上記をベースとする。細かい部分は、ステや装備で揺らぐ部分が大きいので、個別個別の調整となる。

今まで、臨時に出て来なかったMEの皆さん。どうですかね?1時間くらい、無口なAGI騎士と騎士団2の落城に手でも出してみませんか?

------------------------------------------------------------------------------
コメント返し
------------------------------------------------------------------------------
To非公開氏
そんな貴女には、(´・ω・)つ[英単語帳]
ま、んな事はどーでもおk(爆

パサナ、亀地は個人的には、好きではないですね。ノーグ1は巨神兵が、ノーグ2は前衛ペアには多すぎる湧きで安定するか否かが定かでは無いですね。

正直、AGI騎士ペアで過剰でも過小でも無くそこそこ楽しめるDっての少な過ぎる気もする。となれば、当然選択肢は絞られて来るわけで、そこで頭を使って行くしか無くなる。BBはやはり、C/P的に4、5を相手にしたいわけです。すると咄嗟の横湧き、深淵の追加を考えると、支援側に対深淵であれば取り巻きカリッツ、咄嗟の横湧きならその湧いた分を持ってもらいたい。
となると、装備、ステの関係でなかなか難しくもなる。

そう考えると、Allピアースが基本な槍は一種のふっ切れ状態で、割り切ることが出来るわけで合理的であったり、なかったり。

一度、ノーグ2ペアでもしてみます?(核爆

Toばるだの味騎士氏
トリオの場合、ジョカをどう処分するかが悩みの種ですからねぇ。Wizの場合、くそ高いMDefが、Huntの場合、属性変化での矢の切替えの精度と速度が問題でしたね。
そう考えてみると、Lv70台くらいの腕の立つ連中でならばトリオ構成で十二分に狩りの体を成す気がしますね。
TUに関しては、今回のEntryの様に。ME氏をお持ちとの事。どうです、肩慣しと相手観察で、騎士団2でも。
[PR]
by stand9alone | 2007-11-21 09:56 | RO用の情報庫