RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

汎用剣使用時のステ調整

ども、タチコマ(10機目)です。

なんとか、大学の前期期間の評価物の提出、テストが終了して腑抜けているタチコマ(10機目)です。

ROの方は、なんとか暇を見つけてペアなりトリオなりで騎士を動かして後6.7%で96にLvUpってとこまで辿り着きました。

そんな中、急に沸いた資金源のおかげで、+8TAバッソを購入。



さて、騎士団2での厄介な敵と言えば、誰もが挙げるのが深淵の騎士だろう。が、AGI両手騎士にとってはそれ以上に、ジョーカーが一番の難敵。

あの95Hit要求Hitの高さ、ルートMob、属性変化etcは、ピアースの様なスキルを常時使わないAGI騎士とっては目の上のたんこぶ。

その為、通常攻撃でHitしなければ話にならないとなる。

従って、騎士団2でのペアをやろうとする場合、マミ剣は必須となる。
それに加え、支援側の負担を考えると、アスペの更新頻度が上がるのはよろしくない事だ。無論、聖ジョーカーを斬る際の闇水付与後の再アスペは、必須だが。
よって、持ち替えなしつまり、マミ剣1本での運用が前衛には求められる。

ここで、問題になるのは超汎用武器のマミ剣(以降、自身を想定してTAと略す。一般的にはDAかも知れないが)での殲滅速度。

特化で無い以上、殲滅力が落ちるのは避けられない物となる。
しかし、そこで甘んじては殲滅速度<追加速度となり決壊、もしくは半決壊になるのは目に見えている。

では、特化では無いTAのみで殲滅する事を要求された場合、どの様な対処法があり得るか。
次の対処法が考えうる。
1.スキルを積極的に使用する事での殲滅力強化
2.ステを調整し、最適と思われる状態にする事による殲滅力強化

1.は言わずもがな槍騎士的なスタンスである。
しかし、槍騎士の主要スキルピアースの如く、燃費の良いスキルは両手騎士には存在しない。
出会い頭にバッシュを打ち込む事が、近い発想ではあるが、それでもピアースLv10のSP9を下回るためには、バッシュのスキルLvを5以下にせねばならず、行動の意図である殲滅力強化と矛盾する。(殲滅力強化を狙うならば、スキルの最大Lvで攻撃する事が妥当であり、自然である為)
また、バッシュ10をその様に叩き込んだとしても、待っているのは状況の向上ではなく、悪化である。つまり、火力職がその火力を発揮するだけのSPが残っていない状況が常に起こり得るからである。実際、特化を用いての騎士団1ペアでさえ深淵戦の2連はSP満タンで何とかといった状況なのだ。
SP回復財を叩けば良いだけの話のように聞こえるやも知れないが、それでは本末転倒である。装備や白Pot、Drop収集品の為の空きを考慮しなくてはならない為、積める量なんざ、高が知れている。俺の場合、レモン35が限度だ。
この個数で、常時スキルを使用していけばどうなるかは、想像に難くない。緊急時にこそ、レモンを消費するからこそ、SP回復財の意味を為す。それを常時、スキル使用と共に使用するのは愚の骨頂。
以上から、AGI両手騎士の立場からでは1.の手法は取り得ない物となる。

さて、2.に関しては殲滅力に関わるステを調整してやろうという話である。
殲滅力に関わるステは、騎士の場合、Strであろう。Dexも含むのではないかと思われるかも知れないが、この論旨の前提としてTAのみで殲滅する事を考えている。その為、Dexの大きく関わるHitに関しては最適である事も前提となっている。
さて、そのStrを調整する方法は二つ。
a.装備によっての調整
b.料理に因っての調整

さて、ここで現状のステに関して言及しておかなければ、以降の論理は成立し得ない。
現状のステはTA・通常装備での支援込みで次のSSの通りである。
f0035938_1049412.jpg

この現状で、支援込みStr100を狙うとして以下の論を進める。

a.に関しては、料理実装依以前では一般的とされ、Str装備だの、Dex装備だのが存在していた。
今でも、存在するが、以前ほどの重要性は持ちえていないのが現状であろう。
それに加え、騎士団ともなると流石に要求される装備なる物が存在してしまう。闇鎧の一択、木琴・移民の換装、プロボ10BDSを素で食らっても即死しない程度のHPの底上げの3点は少なくとも、ペアにおいて双方にペナを食らわせない為に要求されても致し方無い。
その中で、フリーになるのがアクセと頭装備であろう。
現状、s中段は現実的では無いし、頭下段に関してはスロット付きの物がそもそも存在しない為、現実的には、頭上段と、アクセの2箇所がステ調整に使用可能だ。

さて、頭上段に関しては、デビルチcでのStr+1が現実的であろう。
アクセに関しては、マンティスcでのStr+3が現実的であろう。セットとして、頭・クランプ、アクセ・タロウもあり得るが、デビルチ+マンティスのStr+4に対し、Str+3となる。
Str+5を到達させたい現状ではStr+3よりもStr+4を取るのが自然であろう。
マンティスをリングに刺せば、デビルチ頭と合わせてStr+5を得る事が出来る。

The Signを外してパワロザ-パワリンとするとStr100に乗っかる。その上にデビルチc頭を装備でStr101となる。
しかし、Strボーナスは10の倍数になっている為、デビルチ頭は無くてもなんとかなる。

Strはあれば有るほど、良いように見えるが、ペアなりPTなりを考えると共闘を取れる方が、効率は格段にあがる。つまり、個々の殲滅力は共闘を入れれる限界まで引き上げれば良いだけの話となる。

ここで、現状の装備においてStr100となるのはLv97時の話。つまり、96の間でのみパワロザ-パワリンでの繰り上がりボーナスの恩恵を得る事が可能だ。
また、MDefがほぼ皆無な今、少しでもMdefがあれば前衛として行ける場所が広がるため、Wマンティスをやるのならロザに刺したいのが本音。

更に、個人的な話だが、現在殆ど金が無いに等しい。
装備を充実させるのが良いであろうが、その辺りの事を考えると少々この手法をとるのは厳しい面がある。

よって、a.は本来取るべき手法ではあるが、現状では苦しいと言う事になる。

したがって、b.の料理で解決する手法を取ることになる。
Str+5のチジミであれば、20k前後で購入でき平均取得金額が30kである現状を考えても十分ペイできる範囲である。

以上から、Str+5の料理を用いることでStr100を達成する。そのことにより、殲滅力が上がり、安定性も上がる。

事実、Str+5の料理を食べての1時間と、食べないでの1時間とでは、SPの消費量も、各々の殲滅時間も違い、当然食べた方で良い結果を得ることが出来た。

何か締まらない長文になってしまったが、それが俺クオリティと言い訳して〆ることにする。
[PR]
by stand9alone | 2007-08-13 11:15 | RO用の情報庫