RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

久しぶりに弓職後衛で城へ赴く事。

ども、タチコマ(10機目)です。
前回の更新の続きで、生体1ソロの狩り方に関する考察で更新しようと思ったのだが、まだ考察対象になって無いアイテムがある事に気がつく。
前回のパッチで導入された「エレメンタルコンバーター」である。
コレを使えば、より効率的な武器運用が出来るのではないかと思っているので、その実用実験を経た後にでも、記事にしようかと思っている。




さて、タイトルのように久々に復帰してきた友人と共に、城へと赴いた。

メンバー:92AGI騎士 ?弓鷹型ハンター ?Vit支援プリ
行き先:城2 生体2

メモリー不足によるラグを避ける為に、SSは一切撮って無いので文字だけになります。
長文耐性の無い人は、ここらでお帰りをば。

さて、狩りで俺が気にした事と言えば、単体撃破を心がけたハイスピードな狩りである。
何度も組んでいる故に、プリさんの硬さに信頼できるし、いざとなった時の罠の出すスピードにも信頼の出来るハンターさんを擁しているからこそ出来る荒業だろう。
それ故に、若干強引であり、雑な狩り方になってしまった。

ハイスピードであり、雑では無い狩り方になる為には、ある程度タゲが支援、後衛にへばりついた時に取り返しに行かない等の工夫と連携が鍵になるのかもしれない。

さて、狩りの内容を振り返って見るとしよう。
1.ニュマ無しのレイドアチャ込みのMH潰しは、危険すぎる
まず気になったのはこの事である。プリさんが先行しようが、俺が先行しようが共にこの状況に陥った。なぜ、「ニュマ無しでは危険すぎる」とまで言うのか。それは、CAの存在を恐れてである。
MHのど真ん中でレイドアチャに狙撃されるならまだしも、未探査区域を背にした状態でCAを食らってしまったらどうなるか。追加を呼びかねないのは目に見えている。城では、如何にしてぶち当たったMHを捌くかによって生存が決まると言っても過言ではなかろう。その上手くMHを捌かなければならない時に、追加を呼ぶのは愚であろう。
また、追加を呼ばないとしても、CAを受ければノックバックする事は、壁を背にしていない限り確実であり、そのノックバックの影響で連携が乱れ、状況が混沌化しかねない。
以上の事を懸念する故に、「ニュマ無しのレイドアチャ込みのMH潰しは、危険すぎる」と言ったのである。

2.ASPDと被ダメに応じてのタゲ分散の徹底
プリさんのDefが非常に硬かったのを最大限に利用できなかったのが雑になってしまった一つの要因であろう。
基本的に単体撃破を心がけはするが、そう容易く行かないのが城2の城2たる所以であろう。当然、本に、レイド、禿が混じった所を進まなくてはならない時がある。その際に、前衛(AGI騎士)がすべてのタゲを持った方が良いかと言えばそうでは無い。
城2で一番厄介なのは、当然禿こと彷徨う者である。このタゲは絶対に前衛が持たなくてはならない。なぜか。理由は至極単純。インティミを食らった際の、残された側の負担量の大小である。
前衛が一枚すっ飛んだところで、残された側は優秀な火力を有する後衛と、絶対の支援量を有する支援である。徹底的に自衛を展開していけば、前衛がいる所までたどり着けるであろう。
しかし、支援がすっ飛んだ時、後衛がすっ飛んだ時はそうも行かないのは目に見えている。前衛がLK・GXクラスで無い限り、後衛すっ飛んだ際には救出に迎えないであろうし、支援がすっ飛んだ際には、支援側にこちらに来てもらわない限り無傷で、迷惑を掛けずに合流するのは不可能であろう。
さて、本ことライドワイドのタゲはどうするのか。それは、ケースバイケースではあるが、今回のようなVit支援であれば、支援に本を丸ごと投げるのもありであろう。ASPDは確かに速いのではあるが、これといった恐ろしいスキルを持ってはいない。即死級の物も持っていない為、囲まれ減算が生じてしまう、AGI前衛が持つよりも安定するであろう。ただし、装備が硬い事が条件ではあるが。
レイド、レイドアチャのタゲは極力前衛が持った方がいい。それは、いざとなった時にレイドを束ねてBBで爆殺出来るからである。騎士のスキルは往々にして、自分でタゲを持っていないとフルにその真価を発揮する事が出来ない。ましてや、ガーターと言う非常に厄介な仕様が存在するBBは、それを理解している騎士側にタゲが無ければ無駄にSPを消費しかねない。
また、レイドのMBのノックバックもある為出来る限り支援はフリーになる方がいいではないだろうか。
カーリッツのタゲはどうするのか。はっきり言ってしまえば、ケースバイケース。それだけである。
アリスのタゲは、絶対に支援が取らなくてはならない。理由は、ディスペルである。あれは、すべての自己支援スキル・アイテムの効果を消し去る事が出来る。前衛、それもAGI騎士がディスペルを食らった日には、泣きたくもなるというもの。速度、ブレ、IM等は消えるし、速度上昇P(このLv帯なら狂気P)の効果も消える。この消えてしまった支援効果は、当然のことながら、掛けなおしが必須である。その際に、生じるコストを考えると支援がタゲをとるのが妥当であるのも頷けるはずである。
さて、珍しいキメラ、魔剣、深淵たちのタゲはどうするのか。答えは、単純。前衛が取れ。一択である。こいつらのタゲを取ろうともしない前衛は、はっきり言って屑である。
理由は、こいつらの所有する各種破壊スキルである。キメラ・ミステルは、盾。オーガは、頭上段。深淵は鎧。どれも、支援が食らったらPT存続不能に追いやる事の出来る凶悪スキルである。それに比べ、前衛にとって盾破壊スキルは無意味であり、頭上段破壊スキルも食らったところで、PT存続不能にはなりえない。ただ、深淵の鎧破壊は、痛いと言えば痛いが、重量に余裕の出来やすい前衛である。予備の鎧を持ってくることも容易かろう。
従って、前衛にタゲを託すのが一番安定するのだ。

3.MobAIに応じたタゲ委譲の完成
コレに関しては、自衛の為・混沌化防止の為に挙げた。コレについては、ミストレ巣を見るなり、腹ペコライダーズ内の記事を読むなりして各人徹底して欲しいものである。

4.進軍テンポ・方向の即断
昨日は、こんなに混むものかと言うぐらいのPTがひしめき合っていた。その中で、如何にして上手くMobにあり付けるか、如何にしてMHを引き当て、処理するかが効率に響いてくる。
したがって、他PTの機動力の差異や、他PTの進軍スピード・方向等をDropや、交戦場面を見る事によって判断し、自PTの進軍スピードや方向を即断しなくてはならない。
また、他PTの横を通過する際に、MobAIを意識して通過すると下手な揉め事を引き当てる事無く、快適に狩りを続ける事が出来るであろう。

以上の4点が、昨日の狩りの内容評価といったところである。
最後に、ペナ数。俺→1 ハンターさん→1 プリさん→0
俺と、ハンターさんのペナの原因は上記の1ではないかと思う。
レイドアチャが6体前後含まれていたMHにおいて、俺がCAを被弾。その際に、追加を呼び出してしまい、更にレイドアチャ追加。そこで、インデュを掛け、バッシュ3連殺を試みるも、追加で呼び込んだレイドアチャしか沈める事が出来ずに、禿、レイドあたりに絡まれて地に伏す。
トリガーを引いたのは、俺である。レイドアチャ6が見えておきながらニュマを催促しなかったからである。

さて、生体2の内容は割愛。なんと言っても、無難に狩りきる事が出来たからである。無難になる事が出来るのが一番なのに、Blogのネタにはなりえないという理不尽さ。嗚呼。
[PR]
by stand9alone | 2006-09-15 14:59 | RO用の情報庫