RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

なんだかなぁ、、、、な臨時を引いてしまった。。。

ども、生体D2Fの完全攻略法を模索し続けているタチコマ(10機目)です。

ま、臨時にはあんまり生体D2Fに行きたがる人は居ないのに、いざ生体D2Fに行くと、異様なほどのPT数にぶち当たる現実にちょいと苦笑しつつある近頃です。



さて、そんなこんなで、生体D2Fも視野に入れた臨時トリオ募集を掛けていたのですが、なかなか入ってこない
別に、行き先は生体D2Fに決まっていると言う表記では無く、「騎士団or城or生体D2F」っと選択できるようにしているんですがねぇ。。。。。

そんなこんなの状況を乗り越えてなんとか、3人のメンバーが集合。
メンバー:86AGI両手騎士、842刀(錐持ち)アサシンさん、92支援型Priさん
AGI前2、支1と言う生体D2Fに行くには少々無理があるような構成になってしまいましたが。

前2にするのであれば、AGI前衛1、VIT前衛1にすべきであろう。
理由は至極単純。
湧いた際にVIT前衛にほぼ全てのタゲを持ってもらうためである。
AGI系では3体以上囲まれると10%ずつフリーを削られていってしまい、またMHPもそんなに(VIT前衛と比較して)無いため前衛全決壊からのPT決壊を防ぐ方法としてである。

それでも、もう一人の前衛が84のアサシンと言う事で最高クラスのフリーに期待を掛けてみた。
が、結論から言えばこの前衛2枚を活かすなら後衛1枚は必ず要る。
理由は細々とした物から色々とあるが、一番の理由は圧倒的な殲滅力不足である。

アサさんは2刀をメインとし、当たりづらいシーフDOPに対してTCJを使用すると言う方だったため、範囲攻撃としてグリムは期待できない。
また、俺自身には範囲攻撃としてBBがあるが、なにぶんバッシュでアチャを叩き落すなどをしている為SP枯渇に陥っている。よって、いざと言う時にBBがかませないという状況である。

従って、圧倒的な湧きに数度(5,6回)潰されてしまった。

AGI前2枚PTに関しての考察は次回以降の何時かにやりたいと思う。
このPTで一番問題だったのが、はっきり言うがPriさんである。
以下のSSを見ていただきたい。
f0035938_155479.jpg

状況説明をば。
アサさんに先行してもらってPTは進軍している。
上の状況はアサさんがMH(8体前後)を見つけ一旦引き下がった。
その後、総勢15,6体のMHに潰される。

はっきり言って悪いとは思うがこの決壊のトリガーを引いたのはPriさんだろう。
俺の位置からアチャDOPが見えており、一番前を歩いているアサさんが引き下がったと言う状況を考えれば、この先がどうなっているかは見えていなくとも想像はつくであろう。

また、ブレス、IA、マグニといった基本支援を忘れている始末。アサさんの「支援をください」と言う一言が無かったら支援が切れっぱなしで進軍していたであろう。
(俺は、基本支援に関しては何にも言わないと言うスタンスを取っている。基本支援を忘れる程度の支援では...という思いがあるからだ)

あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(ry
このまま書き続けると思いっきり愚痴ばかりになり、猛毒にしかなりえないのでこの辺で筆を置かせてもらう。
今回の記事の書き方に関してのコメントは一切受け付けない。最大限思った事を書きたいと思っているので、どうか勘弁していただきたい。
[PR]
by stand9alone | 2006-03-27 02:06 | RO用の情報庫