RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

戦場別考察:アインD2F(1)

ども。携帯から初更新になるタチコマ(10機目)です。使いこなせば、この機能は化ける可能性を秘めてはいるが、使いこなせない内は、なんとも…





さて、昨日も飽きもせず騎士団or城トリオを募集するも全く入店の気配すら無く1時間が経過(´Д`)
そんな中、以前騎士団トリオで組んだプリさんが入店。なにやら提案があるとの事。聞いてみると自分(プリさん)と一緒にアインDトリオでWizを募集しないかという物。思い返せば、アインDは実装直後にGメンバー引き連れて観光がてらにって気分でしか行った事が無い。ガチで一度行ってみたいと思っていたので直ぐさま承諾。早速Wizを募集する事に。すると、程なくして88のHiWiz氏が入店。

メンバー:86AGI騎士、88HiWiz氏、87支援プリさん
狩場:アインD2F

全体的な感想。ぶっちゃけ、HiWiz氏、プリさんが共に上手く俺がいない方が安定した気がする。
ただ、上記のような感想ではなんなので、考察を。以下に記載する考察は前衛・支援ペアを想定している。はっきり言って俺がトリオ考察を出来る程の動きが出来てないのにトリオ考察をしても意味がない為。ご理解を頂ければ幸いである。

まず、注意点から。
1.撃破する順を必ず守る事
2.基本は常時ルアフを焚く
3.2.に関連し、タゲはリカバリーで逐一初期化し、前衛がその都度タゲを取る事
4.ある程度のタゲを支援側に持ってもらう事

以下に上で述べた事の理由を。
1.に関して
まず、このDで最も脅威となり得るmobは問答無用でベアドール(以下、熊と表記)である。アサClassのフリーで無いと避け切れず、必要Hit230(有志による推定値)とハードルが高い上にディスペルまで食らわせてくる厄介中の厄介な奴である。殊にAGI騎士にとっては天敵と言ってもいい。そういった理由から、真っ先に潰すべきmobは熊となる。
また、4.を上げた理由もここに絡む。どういう事か。
熊を最優先に落としたいわけだが、前衛がまともにタゲを取りに行っては、最悪ディスペルを食らう。一旦支援側にタゲを取ってもらい殲滅というのがスマートであろう。しかし、そういった状況ばかりでは無い。その際、出来るかぎりこういった厄介な奴は1対1で落としたい。その方がAGI前衛としては安全性が増すからである。そういった事から、他のmobを支援側に預けて前衛は熊を全力で落とす。この際、スタンバッシュを連発するのが一番良いように思う。
熊以下の優先順位ははっきり言って沸きの激しい順と一致する。なぜか。理由は至極明快である。沸きに潰されないようにする為である。解りやすく以下にまとめる。
熊>>ミネラル=オブデシアン>ジャンクポッド>ベノマス

2.に関して
このDのメインmobは沸きの激しさからミネラル・オブデシアンである。こいつらはかなりの頻度でハイドを多用してくる。プロボでタゲを取っていてもハイドをしてくる。基本的にSPの制約が厳しい前衛でルアフやサイトは常時焚くのは厳しい。よって、支援側に常時ルアフ焚きというわけだ。しかし、常時ルアフを焚くとなると支援がおろそかになってしまいがちではないだろうか。最終的には、そうでは無い支援を求めたいわけであるが、いきなりは無理であろう。では何を切るかとなるわけだが、俺としてはヒールを上げたいと思う。なぜか。それはこのDの95%フリーが熊のお陰で非常に高いため、被弾前提のDと考えている為である。が、ヒールを切るに当たって前衛側に要求される事が2つある。
1.イミュン装備
2.緊急時に回復剤を躊躇無く叩ける事

1.は、正直所有していると結果楽になりますよ的な物。絶対ではない。むしろ、2.を絶対的な条件としたい。理由は至極当然なものなので述べない。2.を満たせない前衛は、はっきり言ってPTお断りにあたいする。
さて、話を戻す。常時ルアフを焚くとさらけ出されてくるmobのタゲは支援側に張り付く事になる。これでは、支援側がタコ殴りにあってしまう。そこで、3.を上げたわけである。前衛が熊を相手にしている。もしくは前衛がMHに捕まえられてしまった。そういった場合には支援側が抱えているタゲを前衛に移してはいけないわけだが。そうでない場合には基本的に前衛にタゲを移す。
長々と述べているので、以下にまとめる。
要求される最低ライン
前衛側
1.緊急時の回復剤を躊躇無く叩ける事
2.自分の許容量を正確に把握する事
3.支援側の許容量を被ダメからある程度推測できる事

支援側
1.ルアフを状況に応じて、基本的には常時焚ける事
2.リカバーを上手く用いてのタゲ委譲



今回は、実際の臨時の内容とは異なるが、アインDに関して考察をしてみた。が、これが机上の空論とも成り兼ねない為、早いうちに検証狩りでもしたいと思う。

求)デスペナなんて恐くないと思っている支援さん1名(1/20)
[PR]
by stand9alone | 2006-03-14 13:46 | RO用の情報庫