RagnarokOnlineBuldur鯖で大剣を振るい、もがく一騎士の足跡。世界の終焉を眺めながら。


by stand9alone
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

AGI両手騎士とVIT槍騎士との相性について

ども、更新が物凄く遅れてしまって申し訳ないと感じているタチコマ(10機目)です。言い訳はしません。
さて、今回はタイプの違う前衛がトリオでの前衛として、機能し得るのかと言う事を考えてみようと思います。



まず、考察してみる為の状況を記述する。

メンバー:AGI両手騎士、VIT槍騎士、DEXプリ
狩場:騎士団2F

次に、結論を先に述べておこうと思う。

AGI騎士のステ(端的に言えば、殲滅力)が完成する以前の段階なら、この形態もあってもいいだろう。が、完成してしまえば、狩り方の違いの影響が出てしまい、狩りにならなくなってしまう。

さて、以下に実際の狩りの模様を提示しながら、考察をしていこうかと思う。

まず、騎士団2FでAGI騎士に厄介なMOBであるジョーカ戦について。
f0035938_23365193.jpg

上のSSにおいて、15のダメは俺が通常攻撃で与えた物だ。残りのダメは、槍騎士から繰り出されたピアースの物である。
このSSを見れば、明らかな事だが、槍騎士から繰り出されるピアースのダメの方が、主火力となるのだ。しかし、AGI騎士の自慢のASPDで、バッシュ連打すればいいように思う方もいるだろう。確かに、AGI騎士自慢のASPDで繰り出されるバッシュ連打の方が、短期撃破に繋がる。が、それを実際にしてしまうとある状況に陥ってしまいがちになる。それは、圧倒的なSP枯渇と言う状況だ。下のSSは、実際に対ジョーカ戦時にバッシュ連打後の状態である。プロボ10の消費SPは13なので、それを加えてもジョーカ戦後のSPは29となる。この状況で2HQが切れても、更新する事すら不可能である。(2HQ10の消費SPは50)
f0035938_23585140.jpg

なぜ、SP枯渇が起きるのか。理由は、至極簡単である。スキル連打に耐えうるだけのINTステが無いからだ。
また、ピアースの仕様(参考:騎士Wiki様)から大型であるジョーカには1発で3HITさせる事ができるのだ。当然、ピアースの仕様上、HIT補正も付いている。つまり、少ないスキル使用回数で確実なダメージを与えられるのだ。
よって、多少ASPDが遅くても結果的に気にはならなくなるので、ジョーカの殲滅は槍騎士のピアースに任せた方が得策であろうとなる。

次に、前衛2枚だとどうしても起きてしまう状況の2人で1MOBをたこ殴りする事について。
f0035938_010543.jpg

上のSSは、単体であったレイドを殲滅したときの状況である。見れば分かるように、槍騎士はスピアブーメランを使用している。ここで、スピアブーメランの仕様を。(参考:騎士Wiki様)
仕様を見て気づく事があるであろう。そう。このスピアブーメランは、遠距離攻撃として判定されると言う事だ。ここで、遠距離攻撃の代名詞である弓職と射程に関して比較してみよう。

弓職(ワシの目10習得時):通常攻撃射程10、DS使用時射程10+4=14
槍騎士:スピアブーメラン10使用時射程12

ほぼ、互角に近いのがお分かりいただけるであろう。また、消費SPもDSよりも2少ないSP10となっており、DS連打で短期撃破していく弓職込みトリオよりも遠距離攻撃に関してSP効率はいい。
つまり、このスピアブーメランを使用してもらえば、前衛が2枚でありながら弓職とのトリオのような状況が作り出せ、前衛2⇔前衛1.後衛1といったPT構成が柔軟に変化可能となるわけだ。

さて、騎士団2Fを巡っていれば進軍方法の良し悪しに関わらずMHに遭遇する。今度は、対MH時について。
弓職込みトリオにおいてMH時の対策は、罠を設置しての順次撃破か、騎士のBBでの殲滅であろう。しかし、罠を上手く設置する為に動き回ってしまい追加オーダーをしてしまっては元も子もない。また、BBにはお決まりのガーターが存在する。

魔法職(大概はWiz)込みトリオにおいてMH時の対策は、リセットSG1その後SG10か、SG10をやや強引目に通すであろう。しかし、ここでは前衛がSGの特性を掴んでいる必要性があり、かつSG10の場合での前衛の耐久性能依存の問題がある。

では、AGI騎士とVIT槍騎士の2枚前衛の場合はどうか。
結論は、AGI騎士が先行し、サークルトレインをしつつ槍騎士に擦るように動く。その後、槍騎士のBDSをHITさせる。と言った事で解決出来ると思われる。
この場合も、問題点がいくつかある。
1.AGI騎士がサークルトレインを上手くする事。
2.AGI騎士が槍騎士のBDSの特性(攻撃範囲)を把握している事。
3.BDS範囲までMOBを引っ張る際に耐久性が必要な事。
4.プリさんが必ず、槍騎士より後ろにいる事。

上の4つが問題点であろうかと思う。
では、実際はどうだったかといえば、思っているほど簡単にはいかなかったという所だった。どうしてか。恐らく、騎士(剣士系)のスキルに関しては、タゲがスキル使用者に向いていなければ少々使い勝手が悪い事が関わっているのではないかと思う。

さて、騎士団2Fの名物MOB深淵の騎士について。
圧倒的にMHPの多いVIT槍騎士にタゲを持ってもらう事で安定化を狙うのが、一番いいと思われる。この際、AGI騎士はどのように動いたら良いのか。これは、前衛が2枚いる事の特性を活かす位置から攻撃を加えると良いだろう。これについては、以前に述べたので割愛する。
この際の注意点は、ただ1点。ノックバックをするスキルを使用しない事である。槍騎士で言えば、スタブ・BDS、両手騎士で言えば、BBが該当するスキルだ。
ノックバックした際に、どちらかがMOBについて行ってしまい未探索領域に踏み込む→追加オーダー発生となったら、状況は確実に混乱する。
では、どうするのか。通常攻撃を加え続けるのも一つの選択肢ではあるが、激しく現実的では無い。以下のようにするのが良いであろう。
両手騎士:バッシュ・槍騎士:ピアース
共にHIT補正、威力倍加があり、バッシュに関してはスタンさせる事が出来るかも知れず、ピアースに関しては1発で3HITするからだ。深淵の騎士は、やはり早期に潰す必要性があるため、上記のようにすれば結構な速度で殲滅できるであろう。


以上のように考察をしてみたが、あくまでも両手騎士に殲滅力がつくまでならOKかもしれないという組合せゆえに、実際にこういった事が起こりうるかと言えばまず無いであろう。やはり、こんな珍妙なトリオでは無く、前衛1・後衛1・支援1のトリオのほうが安定するに決まっている。したがって、閲覧者の皆様が上のように行ってしまった際の保障は一切しませんので(ぉぃ
ま、騎士団のような上級狩場はキチンとしたPTでいくのが一番なんですから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメント返し
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
To非公開の方
始めまして。楽しんで記事を読んでいただけるとは光栄な事です。ありがとうございます。
さて、確かに、Wikiを見てみると演奏の消費SPは恐ろしい物がありますね。あれでは、とっかひっかえなんてとてもでは無いですが、無理ですね。下手をすれば、INTカンストでやっととっかえひっかえ出来るLvかと思いますね。(INTカンストでSPがどれぐらいになるのかは知らないのですが(ぉぃ)
ま、他職のWikiを見てニヨニヨするのもいいですよね!!(ぁ
[PR]
by stand9alone | 2006-03-03 01:29 | RO用の情報庫